低金利で借りられるカードローンは?各社の金利を比較してみた。

カードローンを考えた時、おそらくほとんどの人が気にするのが金利ではないでしょうか?金利が高いか低いか、いくつかのカードローン会社を見比べて借り入れ先を決める人が多いかと思います。

 

金利が低ければ返済時に支払う利息負担は少なくて済みますから、誰だって低金利でカードローンを利用したいと思うものです。

 

とは言え、じぶんで各カードローン会社の金利を比較するのは手間と労力がかかってしまいますね。そこで今回は各カードローン会社の金利を比較し、どのカードローンが低金利で借りられるのかご紹介したいと思います。

<h2>金利が低いカードローン会社はどこ?</h2>

カードローンは消費者金融と銀行に大別されます。ご存じの方も多いかと思いますが、消費者金融と銀行では金利に大きな差があります。基本的に銀行のほうが消費者金融よりも金利は低いですから、金利を重視されるのであれば、銀行のカードローンでキャッシングするのが良いです。

 

では、具体的にどれぐらいの金利差があるのか見ていきましょう。

<h3>消費者金融と銀行の金利を比較</h3>

まずは消費者金融の金利一覧です。ここで紹介するのはテレビCMなどでもお馴染みの大手消費者金融です。

商品名 金利 限度額
プロミス 4.5%~17.8% 最高500万円
モビット 3.0%~18.0% 最高800万円
アコム 3.0%~18.0% 最高800万円
アイフル 3.0%~18.0% 最高500万円

 

プロミス以外は最高金利が18.0%となっています。

 

次に銀行カードローンの金利一覧です。

商品名 金利  
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 10万円~500万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 10万円~1000万円
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 10万円~800万円
新生銀行カードローンレイク 4.5%~18.0% 最高500万円

 

消費者金融と比べてみればお分かりのとおり、最低金利も最高金利も銀行カードローンのほうが低いですね。ただし、銀行カードローンならどこも低金利というわけではありません。オリックス銀行カードローンは最低金利こそ低いですが、最高金利は消費者金融並みに高いです。同様にレイクも最高金利は消費者金融と同じ利率で高めです。

 

<h4>金利は最低金利ではなく最高金利をチェックする</h4>
カードローンの金利は、借り入れ限度額によって変わってきます。基本的に、借り入れ限度額が大きいほど、金利は低くなります。ですから、表で示している金利は、最高限度額を借り入れた場合に適用される金利水準ということになります。

 

例えば、モビットやアコムは最低金利が3.0%ですが、この利率が適用されるには最大限度額である800万円の借り入れ枠を設定してもらう必要があるというわけです。

 

また同じ消費者金融・銀行で、限度額が同じであっても適用される金利には幅があります。

 

例えば、AさんとBさんが同じカードローン会社から限度額が100万円の借り入れ枠をもらったとしても、Aさんの金利は14.0%でもBさんの金利は12.0%で設定されることもあります。

 

限度額以外にも金利を左右する要素があり、過去の利用実績、銀行との取引実績などが挙げられます。中にはキャンペーンで一時的に金利を引き下げして適用しているところもあります。

 

そして金利で注目すべきは最低金利ではなく最高金利だということです。どのカードローン会社も、「○%~△%」といったように金利に幅があります。多くの人が、最低金利である「○%」を見て判断してしまいますが、見るべきは最高金利である「△%」です。

 

先程にも説明しましたとおり、最低金利が適用されるには、そのカードローン会社の最高限度額が設定されなければいけません。

 

例えばモビットで最低金利が適用されるには、800万円の限度額を設定してもらわなければいけません。ほとんどの人の場合、最高限度額が設定されることはまずありません。

 

初回の限度額は低めに設定されることがほとんどで、消費者金融なら10万円~50万円、銀行カードローンなら50万円~100万円から利用開始となります。そして借り入れの実績や返済の実績を積み上げていくことで、徐々に限度額が増えていきます。

 

また消費者金融は総量規制の対象となるため、年収の3分の1を超える借入ができません。ですからほとんどの人が消費者金融から最高限度額の借り入れをすることは難しいです。そのため、最低金利が適用される可能性はほぼ無いに等しいといえます。銀行カードローンは総量規制の対象外ですから、年収の3分の1を超える借り入れは可能ですが、そのためには高額な年収が必要であることに違いはありませんので、やはり実質的には最低金利が適用されることはないと持って良いでしょう。

 

以上のことから、金利は借り入れ限度額が最も低い場合に適用される金利である最高金利に注目してください。

 

<h2>金利を下げることはできる?</h2>

カードローンの金利は一度決まったら、以後は変わらないというわけではありません。初回の金利は下げることもできるのです。

<h3>金利を下げるには限度額を増額するのが基本</h3>

金利は限度額に応じて決められますので、金利を下げるには利用限度額を増額させれば良いのです。

 

一定期間カードローンを利用し続けているとカードローン会社から増額の案内が届き、利用限度額を上げてもらうことができます。ただし、単にカードローンを利用していればよいというわけではありません。

 

増額の案内を受けるには、カードローン会社から優良顧客と思われる必要があります。優良顧客と認められるために最も重要な要素は、返済実績と言われています。お金を借りたらきちんと返す、これに尽きます。あたりまえのことですが、カードローン会社は返済をきちんとできないような顧客にお金を貸すよりも、一度も延滞なくきちんと返済してくれる人にお金を貸すほうが、リスクが少なく安定して収益が見込めます。

 

ですからカードローン会社から増額案内を受けるには、毎回期日に遅れることなく返済することです。そして定期的に借り入れすることも大切です。一度借りて後は返済だけの人よりも、きちんと返済できていてたまに借り入れもしてくれる人のほうがカードローン会社にとって収益の見込みがあるからです。もちろん無理な借り入れは禁物ですから、あくまでも返済できる範囲内で借り入れすることも意識してください。

 

限度額増額の案内がこなくても、じぶんから増額審査に申し込みして増額させることも可能です。ただし、じぶんで申し込みする場合は、増額後の限度額に応じた返済能力が備わっていることが必要です。要するに、カードローン会社に納得してもらえる根拠が必要ということです。

 

申し込み当初から何の変化もない場合は、いくら増額申し込みしても審査に通る可能性は低いです。年収がアップした、昇進した、自宅に固定電話を設置したなど、カードローン会社に貸し倒れリスクが小さくなっていることを示せないと増額審査に通る可能性は低いです。

 

<h3>金利が上がることもある?</h3>

逆に申し込み当初よりも返済リスクが高くなっていると、増額審査の結果によっては減額されることもあります。限度額が下がればそれに伴い金利が上げられてしまう可能性もあります。

 

延滞によって返済日を守れていない場合も限度額が下げられ金利を上げられてしまうことがあります。頻繁に延滞をしていると、利用停止される恐れもありますので、きちんと返済は行いましょう。

 

また延滞をすると、遅延損害金を支払わなければいけません。期日までに返済できなかった場合、期日の次の日から遅延損害金が発生します。利息は元金に対し発生しますが、遅延損害金は通常の利息とは別ですから、返済と別に支払いしなければいけず、結果的に金利が上がったことと同じとなります。

 

<h2>低金利と無利息はどっちがお得なの?</h2>

低金利でキャッシングするなら銀行カードローンが最適です。高額な借り入れや返済が長期化してしまった場合でも、金利が低いことで利息を抑えることができます。

 

しかし消費者金融には無利息キャッシングというサービスがあり、これは一定期間内の借り入れに関して一切利息が発生しないというものです。消費者金融は金利が高めですが、この無利息キャッシングの使い方次第では銀行カードローンよりもお得に借り入れできる場合があります。

 

<h3>低金利の銀行と無利息の消費者金融はどっちがお得?</h3>

ここでは低金利のカードローンが三菱東京UFJ銀行カードローン、無利息キャッシングがプロミスとレイクで比較したいと思います。

 

商品名 金利 無利息 借入額 利息総額
3ヶ月 6ヶ月 1年
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% なし 10万円 2,442円 4,297円 8,077円
30万円 7,329円 12,901円 24,245円
50万円 12,215円 21,503円 40,412円
プロミス 17.8% 30日間 10万円 1,433円 3,607円 8035円
30万円 4,300円 10,820円 24,104円
50万円 7,167円 18,033円 40,173円
新生銀行カードローンレイク 18.0% 180日間 10万円 971円 1,448円 4,061円
30万円 6,665円 11,088円 24,043円
50万円 12,597円 21,530円 44,116円

 

レイクの180日間無利息は、5万円までが対象となりますが、借入額が10万円の場合ですと、最も利息総額が少なくて済みます。少額の借入であれば金利は高めでもレイクがお得です。またレイクも、返済期間が1年以内であれば銀行カードローンで借りるよりも利息を抑えることができます。

 

同様に借入額が30万円の場合も1年以内の返済であれば、三菱東京UFJ銀行カードローンよりもプロミスやレイクで借りるほうが利息を抑えることができます。

 

50万円の場合は、返済期間が1年以内であればプロミスが最もお得です。レイクは5万円までが無利息の対象となるため、借入額が大きいと無利息の恩恵を受けにくいといえます。

 

<h3>少額の借り入れなら消費者金融がおすすめ</h3>

10万円~30万円程度の少額借入であれば、銀行カードローンよりも無利息キャッシングが利用できる消費者金融のカードローンがおすすめです。消費者金融は金利こそ高めですが、無利息キャッシングを上手く活用することで、銀行で借りるよりも利息負担を抑えることができます。

 

ただし、小額の借入でも返済期間が長引いてしむとその分利息負担は大きくなり、総額で見れば銀行カードローンで借りるほうがお得になってしまいますので注意が必要です。いくら無利息キャッシングがあっても、返済期間をムダに長くしてしまうと結果的に利息で損してしまいますので、返済期間は出来るだけ短めに設定するようにしましょう。

 

また銀行カードローンは金利が低い分、審査基準が厳し目です。審査に通らなければお金を借りることはできませんので、借りやすいという点から見ても消費者金融で借りるほうが良いでしょう。

 

50万円の借り入れをする場合でも、プロミスの無利息キャッシングを利用すれば、銀行カードローンよりも利息を抑えることが可能です。ただし、返済期間が1年を超えてしまうと、銀行カードローンで借りるほうが利息は抑えられます。短期間で返すとなると、月々の返済額が高額となりますので、注意が必要です。返済が長期化するようであれば、低金利の銀行カードローンで借りるほうが良いでしょう。

 

<h2>繰り上げ返済を組み合わせて返済すれば低金利じゃなくても利息は抑えられる!</h2>

小額の借入であれば消費者金融の無利息キャッシングがお得ですが、借入額が高額になると銀行カードローンで借りるほうが良いです。

 

とは言え、銀行カードローンは審査が厳しいですから、借りたくても借りられないという人もいるでしょう。やむなく消費者金融で高額な借り入れをすることになったとしても、返済方法を工夫すれば利息を節約することができます。

 

カードローンの金利は日割り計算ですので、1日にでも早く返済することで利息を抑えることができます。返済期日は決められていますが、期日前に返済する繰り上げ返済も可能です。

 

繰り上げ返済で支払ったお金はすべて元金返済に充てられます。その分、借入残高を減らすことができますので、金利を抑える上で繰り上げ返済をすることは非常に重要です。低金利の銀行カードローンで借りられなくても、繰り上げ返済を行うことで消費者金融でも利息を節約することができます。

最近の記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP