初めての利用

アルバイトでもカードローンの審査で合格することは可能!合格率を高めるために必要なこととは?

カードローンの利用を希望するのは正社員だけとは限らず、むしろアルバイトとして働いている人の方が収入的に考えてもお金が足りなくなることは多いかと思います。

しかし、カードローンの審査ではアルバイトは収入が少ないなどといった点から、正社員の人と比べて合格しにくくなっているのも事実です。

 

では、アルバイトの人はどのような点に注意すれば、審査での合格率をより高めることにつながるのでしょうか?

勤続年数が長い状態でお申し込みする

カードローンの審査では収入の金額ももちろん重要ですが、収入の安定性も重要です。

そのため、現在アルバイトとして働いている人でも、そのアルバイトが開始して1、2カ月の状況だと、安定した収入とは見なされません。

 

アルバイトとして働いている人がより審査での合格率を高めるためには、1年以上同じ会社で勤めている状況でお申し込みするべきです。

合格に必要な収入の目安

前述した通り、収入の安定性のみならず、収入の金額もカードローンの審査では重要で、どれほど安定していようとも、極端に収入が少ないと合格は厳しくなってきます。

お申し込みするカードローン会社によって違いはありますが、消費者金融のカードローンの場合、年収150万円以上はほしいところです。

もし、お申し込みする段階で年収が150万円に届いてないのであれば、アルバイトの日数を増やすなど、収入を増やす努力が必要になってきます。

個人信用情報に傷をつけない

カードローンの審査に合格するためにたくさんのアルバイトをして高収入を得ていても、個人信用情報に問題があると不合格となる可能性が非常に高くなると思ってください。

 

個人信用情報には、カードローンやクレジットカードの返済状況、スマホの利用料金の支払い状況なども含んでおり、これらは信用情報機関によって管理されています。

一度信用情報機関に返済の遅延に関する情報の登録が行われてしまうと、情報が2年間残りますので、カードローンのお申し込みをする、しないに関係なく、返済の遅延には十分注意しなければなりません。

借入限度額を少なめにする

銀行と比べ、審査に柔軟な消費者金融のカードローンでは総量規制の適用があるため、年収の3分の1を超過する借入はできません。

しかし、アルバイトで年収150万円以上得ている人でも最初から借入限度額を40万円、50万円など、借入限度額を高めにしてお申し込みをしてしまうと、お金に困っていることをアピールすることとなり、審査で不合格となる可能性が高くなってしまうのです。

そのため、アルバイトをしている人が初めてカードローンの審査を受ける場合は、10万円など、借入限度額を極力低めにしてお申し込みするようにしてください。

 

最初は低い借入限度額も返済を遅らせることなく利用し続けることで、後から増額の審査を受けることが可能です。

関連記事

  1. 初めての利用

    カードローンは専業主婦でも利用できるのか

    カードローンの審査では収入を重要視しています。この時の審査は収…

  2. 初めての利用

    カードローンによる即日の振り込みと時間帯などの注意点

    カードローンでは、振り込みで融資を受ける事も可能です。しかも、…

  3. 初めての利用

    カードローンの自動審査の対象項目は?

    カードローンの審査は今まで会社のスタッフが申込情報を一つ一つ確認して行…

  4. その他

    約定返済額と最低返済額の違いについて…経済的に苦しくなった時の返済額は?

    約定返済額と最低返済額の違い/算定法カードローン契約時に提…

  5. その他

    おまとめローンの利用前に知っておきたいメリットとリスクやデメリット

    おまとめローンとは、複数の業者から現在借りているお金の返済を一本化し、…

  6. その他

    カードローンの不安は自己分析で解消しましょう

    カードローンの申込みを初めて行なう人にとって、審査に通過するか不安な気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 初めての利用

    三菱東京UFJ銀行のカードローンのバンクイックの3つのメリット
  2. 初めての利用

    アルバイトでもカードローンの審査で合格することは可能!合格率を高めるために必要な…
  3. 初めての利用

    カードローンは銀行と消費者金融のどちらが良いか
  4. その他

    リボ払いとは計画的な利用が必要な返済方法です
  5. その他

    審査に関わる信用情報とその開示手続き
PAGE TOP