その他

カードローンの不安は自己分析で解消しましょう

カードローンの申込みを初めて行なう人にとって、審査に通過するか不安な気持ちになるでしょう。

実際に、複数回申込みした経験がある人であっても、毎回審査結果を確認するまでは不安になるものです。

しかし、事前準備をしておくことで、ある程度解消出来ることも確かです。

自分に合ったカードローン商品に申込めば良い

カードローン商品を展開している金融業者には、銀行信販会社消費者金融と様々あります。

利用目的と信用状況に合わせて自分に合ったカードローン商品を申込めば、審査落ちを懸念して不安に思うことは少なくなるでしょう。

なぜなら、金融業者の審査基準は非公開となっていますが、口コミや評判だけでなく広告内容からも、どの属性をターゲットとした金融商品なのか予想出来るからです。

 

正社員向けの金融商品と、アルバイトやパートでも申込可能と謳う金融商品では、そもそも顧客の属性が異なります。

金融業者側が想定している属性と合わないカードローン商品に申し込まないことがポイントです。

簡易審査でカードローンを分析しましょう

カードローンの中には、簡易審査制度を設けている所があります。

公式サイト上で、年収や勤続年数に加えて他社借入状況を簡易的に入力するだけで、審査通過可能性を瞬時に表示出来るシステムです。

 

全く同じ条件を入力しても、カードローン商品ごとに異なる結果が出ることもあるので、カードローン商品ごとの相対的な審査難易度を予測可能となります。

同一条件で比較した結果を基にして、申込先カードローン商品を選ぶと良いでしょう。

 

何も考えずにイメージだけでカードローンへ申込みするよりも、簡易審査で通過見込みと表示されたカードローンへの申込みならば、不安は解消されるはずです。

1社落ちたら個人信用情報を確認する

最初に申込みを行ったカードローン審査に落ちてしまうと、次も審査落ちすると不安になりがちです。

焦って多数の申込みをしてしまうと、申し込みブラックと呼ばれる状態になりかねません。

 

事前に簡易審査などで確認したにも関わらず、審査落ちとなった場合には、申込先金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なうと良いでしょう。

なぜなら、カードローン審査では信用情報を使って本審査を行なうので、簡易審査に通過して本審査で落ちたならば、信用情報に問題があるとかんがえられるからです。

 

他社へ届出ている勤務先情報や個人情報が更新されていないために審査落ちとなるケースもあるので、信用情報を確認して原因を突き止めてから次のカードローン申込みをすれば、不安が少なくなるでしょう。

関連記事

  1. その他

    カードローン会社が途上与信を行って問題が発生するとどのような処置が取られる?

    カードローンの申し込みをした後に審査が行われて可決されると契約手続きを…

  2. 初めての利用

    カードローンは銀行と消費者金融のどちらが良いか

    カードローンで借りたいなら、主に2つの手段があります。銀行もし…

  3. 初めての利用

    カードローンは専業主婦でも利用できるのか

    カードローンの審査では収入を重要視しています。この時の審査は収…

  4. その他

    審査に関わる信用情報とその開示手続き

    カードの申し込みは、信用情報と大きな関連性があります。その情報…

  5. 初めての利用

    ジェイスコアのサービス内容でメリットになる3点

    ジェイスコアとはみずほ銀行とソフトバンクから誕生したカードローンのサー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    カードローンの不安は自己分析で解消しましょう
  2. その他

    カードローンの返済が遅れたら来る督促への対応のしかた
  3. その他

    カードローン会社が途上与信を行って問題が発生するとどのような処置が取られる?
  4. その他

    保証会社と債権回収会社の違いとは?借主視点のメリット・デメリット
  5. 初めての利用

    借りる前に知っておこう!在籍確認の基本知識
PAGE TOP