その他

カードローンの返済が遅れたら来る督促への対応のしかた

借金の返済が難しい状況になって遅れてしまったり、返済自体できなくなってしまうというかたは少なからずいます。

そんな時に支払いをするように来る連絡が督促です。

 

カードローン会社ごとに細かい対応は異なってきますが、督促が来た段階で取る行動を誤ってしまうと、信用情報に傷が付いたり、差し押さえが行われたりと不利な状況になりますので、早めに対処することが大切です。

まずは電話で連絡が来る

数日の返済の遅れ程度は珍しくないので、カード会社もそれほど深刻に捉えていない場合がほとんどです。

まずは返済を催促する電話が来ますので、この時点で返済日を決めてきちんと対応をしておけば信用情報に傷が付くこともありません。

 

返済が送れてしまった分は遅延損害金が発生するため返済額が増えてしまいますが、できるだけ早く、誠意を持って対処をしてください。

無視をし続けると督促状が届く

返済をして欲しいという連絡を無視し続けていると、自宅に督促状が届きます。

電話で返済を催促するよりも内容が厳しく、こちらは応じない場合には法的処置の手続きを行うという警告をする内容です。

 

対応しなければ裁判所に出頭するように命令を受けたり、強制執行の対象にもなります。

再三の督促に対応しなかった場合には取り立てが開始

2ヶ月から3ヶ月程度の長期間かけて行われてきた度重なる督促に応じなかった場合には、強制執行に移ることになり、給料の差し押さえが行われることになります。

給料は4分の1までの差し押さえに制限されているので生活が困難になるほどのことはありませんが、勤務先にも連絡が行きますので、こうした状況になる前に返済をすることが望ましいです。

 

また、信用情報に傷が付き、いわゆるブラックリストに載ることになります。

一定期間新しくクレジットカードを作れなくなったりローンを組みにくくなるなどの制約を受けることにもなりますので注意が必要です。

返済が困難になったら債務整理も考慮する

借金が返すことが難しくなってしまった場合には、弁護士などの法の専門家に相談をして債務整理を行うことも考えるといいでしょう。

将来利息を0にしたり元金だけを支払うようにできたりと、返済額を減らすことが可能です。

任意整理や個人再生などによって利用できる条件が異なりますが、債務整理を依頼した段階で督促をストップできますので、落ち着いて借金状況を整理して対応に当たることができます。

 

返済が遅れても、最初は電話がかかってくるだけですので、早めに対処をすれば大事にはなりません。

ですが、返済の意思が見られないと判断された場合には、法的な処置を取られることになります。

 

借りたお金はしっかりと返していけるように、カードローンの利用は計画性を持って行うようにしてください。

関連記事

  1. その他

    企業がファクタリングを利用して資金調達をする3つのメリット

    ファクタリングとは何かと質問される事がありますが、実際に答えられる人は…

  2. その他

    約定返済額と最低返済額の違いについて…経済的に苦しくなった時の返済額は?

    約定返済額と最低返済額の違い/算定法カードローン契約時に提…

  3. その他

    おまとめローンの利用前に知っておきたいメリットとリスクやデメリット

    おまとめローンとは、複数の業者から現在借りているお金の返済を一本化し、…

  4. 初めての利用

    カードローンは銀行と消費者金融のどちらが良いか

    カードローンで借りたいなら、主に2つの手段があります。銀行もし…

  5. その他

    リボ払いとは計画的な利用が必要な返済方法です

    クレジットカードを契約すると、リバ払いを選択出来るカードがあります。…

  6. その他

    カードローンの不安は自己分析で解消しましょう

    カードローンの申込みを初めて行なう人にとって、審査に通過するか不安な気…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. その他

    カードローンの取り立ては違法となっていないか確認しよう
  2. その他

    カードローンの返済が遅れたら来る督促への対応のしかた
  3. 初めての利用

    大学生や個人事業主がカードローンの審査を通過するには
  4. 初めての利用

    カードローンは専業主婦でも利用できるのか
  5. その他

    約定返済額と最低返済額の違いについて…経済的に苦しくなった時の返済額は?
PAGE TOP